JA南さつま
文字サイズ
JA南さつま

畜産部門

系統畜産事業機能を最大限に発揮し、生産向上対策、経営の点検・見直しによる低コスト生産の実践により経営体質の強化に取り組みながら、農政活動の積極的展開により畜産農家の経営維持が出来得る施策の実現を目指しています。

また、家畜排せつ物の適正処理と耕種農家との連携を図り、有機物資源や未利用資源を活用した環境保全型・地域循環型農業を推進しています。

肉用牛、養豚、養鶏

肉用牛、養豚、養鶏
  • 生産基盤の維持及び関係機関との連携
  • 流通販売対策の強化
  • 生産向上・経営安定化対策

畜産購買(飼料・資材)

畜産購買(飼料・資材)
  • 「安心・安全」な飼料の供給と普及推進の強化

加工事業

加工事業
  • 家畜排せつ物の適正処理と環境保全型農業の推進
  • 堆肥センター機能の強化と耕畜連携の強化
ページトップへ